北海道中央労災病院の薬剤師募集なら

労災病院薬剤師求人TOP >> 労災病院一覧 >> 北海道中央労災病院の薬剤師募集なら

北海道中央労災病院の薬剤師募集なら

北海道中央労災病院の薬剤師募集について見ていくと、募集人員は3名となっています。応募の際には提出書類が必要であり、写真付きの履歴書、薬剤師免許証の写しが必要です。免許証の写しは既卒者の場合に必要になります。他には、卒業見込証明書か在学証明書、成績証明書、健康診断書がそれぞれ必要になります。選考のための試験の日程は、応募者の予定と調整した上で決めていきます。選考方法は筆記試験として作文があり、面接を経て合否を決定します。

北海道中央労災病院の薬剤師の給与を見ていくと、6年制大学卒の初任給で20万弱となっています。ここに各種手当が加算されたものが月給になります。手当には扶養手当、住居手当、時間外勤務手当、通勤手当、宿日直手当といったものがあります。また、北海道特有の手当として、寒冷地手当が支給されます。これは秋口から翌年の数ヶ月間まで、冬季限定で支給される手当です。暖房費がかかることなどを考慮した手当となっています。ボーナスは年2回で、合計4ヶ月分ほどになります。ただし、初年度は3ヶ月分ほどになるので、頭に入れておきましょう。

労働条件などを見ていくと、勤務時間は8時15分から17時まで、休憩45分を挟んでの勤務になります。また、夜間、あるいは休日救急のための待機業務も必要になります。休日・休暇を見ていくと、休日は土日祝日に加えて、年末年始に6日間、有給休暇は20日を限度に取得可能です。その他、育児休暇、介護休暇、夏季特別休暇などがしっかり揃っています。福利厚生では、各種の社会保険、厚生年金といった基本的なものはもちろん、単身用宿舎としてワンルームで駐車場つきの住宅が利用でき、宿舎料は月額4000円ほどと格安になっています。この他、財形貯蓄、ホテル等宿泊補助といったものも利用可能です。福利厚生がしっかりしているのは、プライベートが充実できておすすめです。教育・研修を見ていくと、他の労災病院に交流派遣をするほか、転勤制度、本部研修、ブロック研修、病院研修といったものを利用できます。自主的に知識やスキルを高めていくことができます。

北海道中央労災病院の概要を念のため確認しておくと、開設は昭和30年、病床数は300を超えています。診療科の数は11であり、健康診断部、勤労者予防医療センターとしての役割をもっています。職員数は全部で300名を超えており、そのうち薬剤師は6名です。病院の基礎的な部分は面接などで知っておくべき項目です。他にもいろいろなことを求人やホームページから確認しておきましょう。

労災病院の薬剤師求人も豊富!転職サイトランキング!

  サービス名 料金 対応エリア オススメ度 詳細
リクナビ薬剤師 無料 ★★★★★ 全国 詳細




Copyright (C) 2014-2017 労災病院の薬剤師求人特集【※レアな募集情報を厳選】 All Rights Reserved.