関西労災病院の薬剤師募集なら

労災病院薬剤師求人TOP >> 労災病院一覧 >> 関西労災病院の薬剤師募集なら

関西労災病院の薬剤師募集なら

近年の関西労災病院の薬剤師募集を見ていくと、嘱託職員としての募集があります。条件は薬剤師免許資格取得者で、コンピュータ入力のできる方となっています。エクセル・ワードの基本操作ができれば十分です。業務内容は、患者さんが持参した薬の調査報告、疑義紹介、薬に関する相談への対応、薬品の受発注といった管理業務、DIなどがあります。募集人数は若干名です。選考は小論文と面接が行われます。

勤務地の情報などを見ていくと、関西労災病院の薬剤部であり、勤務時間は8:15から16:00であり、合計で7時間、休憩を45分はさみます。休日を土日祝日であり、ここに年次有給休暇が加わります。採用してから6ヶ月経った時点で10日が付与されます。これに加えて、夏期休暇、年末年始休暇、特別休暇があります。年末年始については6日間ということで、標準的な日数が確保されています。

給与・待遇面を見ていくと、嘱託職員ということで、給与は時給制を採用しています。時給1210円から1970円の間となっており、職歴がある場合にはさらに加算されることもあります。その他に、各種の手当が加算されます。超過勤務手当、通勤手当があります。福利厚生では、社会保険として、健康保険、厚生年金、厚生年金基金、労災保険、雇用保険が揃っているので、安心して勤務することができます。

関西労災病院での勤務の特徴を見ていくと、まずは事務的な作業が中心という点があります。求人に条件としてパソコンの基本操作をわざわざ記載するあたり、実務レベルのスキルが必要だと思われます。ここは第一のポイントでしょう。加えて、給与などは一般的ですが、有給などがしっかり取れそうな印象があり、働きやすい環境だと思われます。嘱託職員ながら、社会保険もしっかり揃っているので、長く安定して勤務することが可能になっています。

この他にも、関西労災病院では労災病院として特徴的なサービスを行っています。それは、勤労者向けのメンタルヘルスです。これは主に、仕事上のストレスなどが原因で、精神的に問題を抱える人に向けて、予防から対策、治療までを行う相談業務です。労災病院では、現代的な病気への対応をするところが多く、最近その患者数が増えてきている精神疾患に対して、特別にサービスを提供しているというわけです。薬剤師として働く場合でも、精神疾患の薬を扱う場面があるでしょう。具体的にどのような科目で、どのような病気、どのような薬を扱いたいか希望のある方は、労災病院など特定の病気に特化した職場がおすすめできます。

労災病院の薬剤師求人も豊富!転職サイトランキング!

  サービス名 料金 対応エリア オススメ度 詳細
リクナビ薬剤師 無料 ★★★★★ 全国 詳細




Copyright (C) 2014-2017 労災病院の薬剤師求人特集【※レアな募集情報を厳選】 All Rights Reserved.