新潟労災病院の薬剤師募集なら

労災病院薬剤師求人TOP >> 労災病院一覧 >> 新潟労災病院の薬剤師募集なら

新潟労災病院の薬剤師募集なら

新潟労災病院の薬剤師募集について見ていくと、病床数は400床近く、診療科は20ほどもある大型の病院であり、急性期病院としての役割を果たしています。上越から北信越地域にかけて、勤労者医療・地域医療の拠点となっています。薬剤師の求人情報は公式ページには掲載されている時とそうでない時があり、非公開求人として転職サイトに掲載しているか、あるいは欠員が出た際に募集をかけるかといったところです。労災病院の薬剤師求人は、病院の規模、地域などによって中身はもちろん変わってきますが、大体の目安はわかるものです。他の労災病院の求人を探し、そこで待遇面、労働条件などを見ていくといいでしょう。待遇については、薬剤師の平均給与、福利厚生も社会保険に加えて、育児休暇などの女性が働きやすい環境が整っているところが多いです。

休日は土日祝日か、あるいは4週8休といったところが多いでしょう。休暇も年末年始、夏季、有給休暇などもしっかり取得できることが多いです。給与については、嘱託職員、あるいはパートの場合は、時給で1000円台前半から2000円ほどとなります。雇用形態は病院によって変わり、正社員とパートの両方で求人を行っているところもあるので、そこは個別にしっかり確認しておきましょう。

新潟労災病院の業務を見ていくと、勤労者医療では、労働災害、職業性疾患を専門医扱い、診療と臨床研究、健康管理を軸に医療サービスを提供してきました。健康管理は人間ドック、がん検診、生活習慣の改善といったものがあります。さらに、近年の需要へ対応すべく、勤労者医療総合センター、アスベスト疾患センター、内視鏡診療センター、勤労者脊椎・腰痛センター、といったものを設置し、勤労者医療における中核病院となっています。労災病院で薬剤師として知識やスキル、経験を積みたいのならばおすすめできる職場となっています。

一方、地域医療の役割も担っています。ここでは特に、高齢化に伴う疾患への対応が主な業務となっています。まずはがん医療があり、これに加えて脳神経、消化器、呼吸器・泌尿器といった分野への専門的対応、リハビリテーションを行っています。新潟労災病院で働いた場合、勤労者医療、地域医療の両面で薬剤師として貢献していくことになります。これらの医療は今後も引き続き需要が高まっていくところであり、この分野で医療スタッフとして経験を積むことは、将来的なスキルアップ、キャリアアップにも役立つことでしょう。

労災病院の薬剤師求人も豊富!転職サイトランキング!

  サービス名 料金 対応エリア オススメ度 詳細
リクナビ薬剤師 無料 ★★★★★ 全国 詳細




Copyright (C) 2014-2017 労災病院の薬剤師求人特集【※レアな募集情報を厳選】 All Rights Reserved.