岡山労災病院の薬剤師募集なら

労災病院薬剤師求人TOP >> 労災病院一覧 >> 岡山労災病院の薬剤師募集なら

岡山労災病院の薬剤師募集なら

岡山労災病院の薬剤師募集を見ていくと、募集人員は3名、給与は規定によって変わると記載されており、目安として5年目で21万円ほどとなっています。ここに各種の手当、具体的には調剤手当、時間外手当、住居手当、通勤手当などが加わり、月の収入が決定されます。勤務時間は8:15から17:00で、休日は週休二日制、その他に有給休暇、夏季休暇、育児休業などを取得できます。福利厚生面を見ていくと、まずは社会保険として健康、労災、雇用、厚生年金、年金基金というように、基本的なものはしっかり揃っています。選考の情報を見ていくと、小論文と面接試験があり、試験の日時は随時となっています。希望者がいる場合には選考に応じてくれるということで、多くの人にチャンスがあります。

一方で、嘱託職員の募集も行われています。募集人数は4名、時間は8:15から16:00まで、45分の休憩をはさみます。休日は土日祝日で、年末年始休暇、夏季休暇、有給休暇などをしっかり取得できます。給与は4年制大学卒業の場合は時給2000円からとなっており、ボーナスは出ません。これに通勤費が上限4.5万まで支給されます。嘱託職員ですが、社会保険等はしっかり揃っています。厚生年金保険、厚生年金基金、健康保険、雇用保険など基本的なものがきちんとあるので、長い間、安定して働くことができるでしょう。選考方法は履歴書と面接のみであり、正社員の場合と異なっています。経験があって即戦力で働ける人を募集していると考えていいでしょう。

岡山労災病院の業務内容を見ていくと、まずは入院薬剤管理指導業務があります。これはその名前の通り、入院中の患者さんに対して、処方調剤された薬の説明を行うものです。薬の効果、飲み方、注意点といったものがそれに当たります。さらに、他の病院で処方された薬も含めて、飲み合わせや副作用の話をしっかりしていきます。さらに、情報伝達という意味では、医師や看護師といった医療スタッフからの相談などに対応する業務もあります。

他に、岡山労災病院の特徴としては、臨床試験の支援を行っています。これはいわゆる治験業務であり、新薬が広く使えるようにするために試験を重ねていくという業務です。治験業務は制約メーカーに勤務して行う以外にも、病院で携わることができます。専門性が高く、貢献度も高いので、人気のある業務です。労災病院でもこのような取り組みを積極的に行っていて、ホームページで紹介しているところもあるので、興味のある方はぜひともチェックしておきましょう。

労災病院の薬剤師求人も豊富!転職サイトランキング!

  サービス名 料金 対応エリア オススメ度 詳細
リクナビ薬剤師 無料 ★★★★★ 全国 詳細




Copyright (C) 2014-2017 労災病院の薬剤師求人特集【※レアな募集情報を厳選】 All Rights Reserved.