大阪労災病院の薬剤師募集なら

労災病院薬剤師求人TOP >> 労災病院一覧 >> 大阪労災病院の薬剤師募集なら

大阪労災病院の薬剤師募集なら

大阪労災病院について見ていくと、薬剤師が勤務するのは病院内の薬剤部であり、そこでは外来や病棟の入院患者の方を主に、処方せんを扱っています。業務の流れを見ていくと、処方箋を受け取ってから調剤し、そこから薬の説明を行っていきます。ここでは薬の効果、副作用、飲み方、飲み合わせといった基本的な情報を伝えます。他にも、薬の情報に関しては、医師や看護師からの問い合わせへの対応、注射液を調整し病棟や外来の診察室へ届けるといった業務も行います。

業務について、個別に詳しく見ていくと、まずは調剤室での業務があります。ここでは処方せんに基づき、薬の用法・用量、相互作用、といった項目をチェックしていき調剤を行います。また、病院には薬相談コーナーがあり、そこでは薬に関する質問や相談に個別に応じることになります。

大阪労災病院への勤務を希望する場合、まずは公式のホームページでこれらの情報を見ることになります。採用情報が載っている時とそうでない時があります。載っていない場合でも、病院の情報、業務内容などをホームページでチェックすることができます。欠員が出た場合に不定期で求人を出すことも考えられるので、事前に情報をチェックしておけば、いざというときに応募をスムーズに行うことができます。薬剤師以外の職種ならば何らかの求人情報が載っているため、そちらを参考にしてみてもいいでしょう。選考方法などは看護師向けのものと同じ場合も少なくありません。給与面は参考になりませんが、それ以外の待遇面などは十分参考になります。

大阪労災病院の業務の話に戻すと、病院ではチーム医療の取り組みを行っています。これはその名前の通り、いろいろな職種の人がチームを組んで患者さんに対応していくものです。具体的には、医師、看護師、検査技師、栄養士、薬剤師といった医療スタッフが組み合わさってチームとなります。チームにはいくつか種類があり、感染対策チーム、栄養サポートチーム、緩和ケアチームといったものがあります。これらのチームが患者さんに応じて高いレベルの医療サービスを提供していきます。特定の分野で専門性を高めたい薬剤師の方にとっては、経験を積める職場となっています。

他にも、同じ地域に住んでいる薬剤師ならば、病院実施の勉強会に参加することができます。これは、スタッフの知識向上と地域での薬剤師間の情報共有の目的があり、月2回程度行われています。勤務を希望している人にとっては、情報が得られるいい機会になっています。

労災病院の薬剤師求人も豊富!転職サイトランキング!

  サービス名 料金 対応エリア オススメ度 詳細
リクナビ薬剤師 無料 ★★★★★ 全国 詳細




Copyright (C) 2014-2017 労災病院の薬剤師求人特集【※レアな募集情報を厳選】 All Rights Reserved.