横浜労災病院の薬剤師募集なら

労災病院薬剤師求人TOP >> 労災病院一覧 >> 横浜労災病院の薬剤師募集なら

横浜労災病院の薬剤師募集なら

横浜労災病院の薬剤師募集を見ていくと、嘱託職員での募集があります。募集人数は若干名となっています。選考は書類選考と面接が行われます。労働条件について見ていくと、基本給は時給で1800円から2000円です。薬剤師の時間給としては標準的なものです。手当を見ていくと、時間外手当、期末勤勉手当というものがあります。また、住居手当は無し、通勤手当は上限を5.5万として付くことになっています。勤務は週5日であり、勤務曜日については相談して決定されます。したがって土日祝日の可能性もあるので、頭に入れておきましょう。その他、勤務の特徴として、宿直・日直業務の可能性があります。この際には宿日直手当が支給されます。休日は基本は土日祝祭日、ここに年末年始休暇が加わります。6日間という標準的な日数です。その他、勤務時間は8時15分から16時45分であり、間に45分の休憩をはさみます。

休暇は年次有給休暇の他、特別休暇を取得可能です。福利厚生では、社会保険として健康保険、雇用保険、厚生年金、厚生年金基金、労災保険が揃っています。嘱託職員でも福利厚生がしっかりしているのがポイントです。また、採用希望の方に向けて、病院見学会が開催されています。試験の直前に行われ、自由に参加できます、面接などでも話しの種になるものがあるので、参加をおすすめします。

横浜労災病院の特徴を見ていくと、まずは勤労者医療がメインとなっています。その他にも、癌対策、脳卒中急性期医療、心血管系疾患、糖尿病対策などがあります。勤労者医療は生活習慣病やそこから引き起こされる病気、あるいは多くの人がかかる病気を専門に扱うことが多くなっています。他にも、救急医療、小児医療、周産期医療、老年病対策など、幅広い診療科目を有しているので、いろいろな経験を積むのにも最適な職場となっています。

病院はまた、地域の中野中核施設として機能しています。24時間体制で運営されており、365日いつでも対応できる救急医療体制をとっています。今後もこの点について拡充していく予定となっています。加えて、地域の開業医、他の病院、大学といった医療機関との連携を密にしており、特に患者さんに最適な医療、医療施設を紹介することを重視しています。病院で働く医療スタッフにとっては、いろいろな医療関係者と接する場面が多いということで、人材交流、そしてそこで知識を得ることもできるでしょう。労災病院はこのように、規模が大きくいろいろな医療を行っているところが多いです。患者数の多い病気について知識やスキルを磨き、いろいろな経験を積むことができる職場です。

労災病院の薬剤師求人も豊富!転職サイトランキング!

  サービス名 料金 対応エリア オススメ度 詳細
リクナビ薬剤師 無料 ★★★★★ 全国 詳細




Copyright (C) 2014-2017 労災病院の薬剤師求人特集【※レアな募集情報を厳選】 All Rights Reserved.